/

この記事は会員限定です

企業、宣言解除でルール緩和 ダイキンは出社目標撤廃

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の解除を受けて、関西企業が出社制限の緩和や出張の再開など働き方を見直している。これまで在宅勤務を推進してきたが、コミュニケーションなどに課題を感じる企業も多い。感染防止に努めながら効率的な業務との両立を目指す。

大和ハウス工業は全国の事業所で出社率を5割以下に緩和した。大阪本社と東京本社では宣言中は部署ごとに原則3人までとしていた。京阪ホールディングス(HD)は原則として全員出社に切り替えた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り753文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン