/

この記事は会員限定です

3Dプリンターで平屋 セレンディクスが23年一般販売

[有料会員限定]

住宅系スタートアップのセレンディクス(兵庫県西宮市)は慶応義塾大の研究機関と連携し、3Dプリンターで平屋住宅「フジツボ」(延べ床面積49平方メートル、高さ4メートル)を建設する。2022年秋に実験用建物を設け、2人暮らし用の一般住宅として23年春をメドに販売に乗り出す考えだ。

3Dプリンターを使ったものづくりを研究する「慶応義塾大学KGRI環デザイン&デジタルマニ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン