/

この記事は会員限定です

ダイキン、ポーランドに空調新工場 脱・ロシアで需要増

[有料会員限定]

ダイキン工業は400億円強を投じ、ポーランドに空調の新工場を建設する。2024年に稼働し、省エネ性能の高い暖房機器を生産して欧州で販売する。欧州の暖房機器は化石燃料を燃やす方式が主流だ。ロシア産燃料の使用を控える動きや各国政府の脱炭素に向けた補助金によって急拡大している需要に対応する。

ポーランド中部のウッチ県に、延べ床面積11万平方メートル強の工場を設ける。電力を使って空気中の熱を圧縮して活用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り745文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン