/

オンキヨー、家庭向けAV事業の譲渡日を延期

オンキヨーはスピーカーなど家庭向けAV事業を手放す

オンキヨーホームエンターテイメントは1日、シャープなどに売却を決めた家庭向けAV事業の譲渡日を延期すると発表した。これまでは1日をめどに譲渡するとしていた。欧州の競争当局の審査が長引いていることなどが理由で、7月中の譲渡を予定する。

オンキヨーは5月、アンプなど家庭向けAV事業をシャープと米音響機器大手のヴォックスが設立する新会社に33億円で売却すると発表していた。オンキヨーは2021年3月期に2期連続の債務超過となっており、8月1日付で上場廃止となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン