/

デリバティブ売買高、28%増 22年上半期

大阪取引所と東京商品取引所が1日発表した2022年上半期(1~6月)のデリバティブ(金融派生商品)売買高は、前年同期比28%増の2億1447万枚(枚は取引単位)だった。ウクライナ情勢や米連邦準備理事会(FRB)の利上げに伴う景気減速懸念から、リスクヘッジ(回避)の動きが強まった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン