/

感染症に特化 博物館開館 野口英世の故郷・福島に

世界的な細菌学者、野口英世の故郷、福島県猪苗代町にペストや新型コロナウイルスなどと人類の闘いを伝える「野口英世記念感染症ミュージアム」が1日、開館した。運営する野口英世記念会によると、感染症に特化した常設展示施設は日本初という。理事長は「感染症を正しく知り、正しく行動するきっかけにしてほしい」と話す。

展示は2部構成。第1部は細菌学を発展させたパスツールやコッホの業績を示しながら、発症メカニズムなど感染症の基礎知識を説明する。

第2部は野口が研究した黄熱病など感染症の歴史をたどる。コロナ禍で脚光を浴びたワクチン開発技術も紹介。未知の感染症には人・動物・環境を一体的に守る「ワンヘルス」の理念で立ち向かうべきだとしている。

1日は町民が無料招待された。見学した一人は「町の偉人から継承されてきた感染症研究の成果を知れてうれしい」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン