/

この記事は会員限定です

東海大相模、総合力のV 主将不在でも控えが躍動

[有料会員限定]

決勝の大舞台に、ここまで26回無失点のエース石田は先発に立てなかった。東海大相模の門馬監督は「疲労があった。石田には将来がある」。それでも控え投手の石川と求が序盤を最少失点にとどめたところに、「つなぐ」を合言葉に総合力を磨いてきたこのチームの真骨頂があった。

ブルペンだけではなく、野手の層も分厚い。準々決勝から大塚主将を胃腸炎で欠いても、代役で遊撃に入った深谷が躍動。九回のサヨナラ劇も先頭打者の深...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン