/

パナソニックHD系、本社や製造拠点をバリアフリーに

パナソニックホールディングス傘下のパナソニックインダストリー(PID)は1日、本社と国内主要製造工場合わせて26拠点を、2024年度までにバリアフリーにすると発表した。建屋や施設の設備などを改善するほか、障害者向けの「バリアフリーマップ」なども作成する。障害を持つ従業員が働きやすくする。

PIDはコンデンサーやサボモーターなどの電子部品を手がける。国内には身体などに障害を持つ従業員が約200人いる。ユニバーサルデザインの企画・設計をするミライロ(大阪市)と共同で取り組む。まずは22年度内に本社(大阪府門真市)と制御機器を製造する伊勢工場(三重県玉城町)のバリアフリー化を目指す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン