/

日本ハム、ソーセージなど5~12%値上げ 2月から

日本ハムは1日、主力のソーセージ「シャウエッセン」など家庭向けや業務用商品など400品目以上について、出荷価格を5~12%引き上げると発表した。対象は2022年2月以降に店頭に並ぶ商品。ハムとソーセージは平均約8%上げる。世界的な原料費の高騰が今後も続く見通しで、エネルギー価格も上昇している。同社は「合理化を推進してきたが、コスト上昇分を全て吸収することは困難」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン