/

パナソニック、換気扇やLED照明・蛍光灯など値上げ

パナソニックは1日、換気扇や発光ダイオード(LED)照明、配管商品などを2022年1月から順次値上げすると発表した。金属など原材料や物流費の高騰を理由としている。

換気扇など換気送風機器は約2700品目(全体の5割)、シーリングライトなどLED照明器具は2万4千品目(同7割)を22年4月1日から5~15%程度値上げする。電線管など配管商品については3600品目(同7割)を同年1月1日から10~20%程度値上げする。

国内トップシェアの蛍光灯も400品目(同4割)を同年4月1日と10月1日に平均で3割値上げする。蛍光灯は参入企業が減っているが、値上げ理由について「トップメーカーとして安定供給の責任を果たすため」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン