/

近畿5月の有効求人倍率1.13倍、2カ月連続上昇

厚生労働省が1日発表した5月の近畿2府4県の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.02ポイント上昇の1.13倍だった。上昇は2カ月連続。新型コロナウイルスのまん延防止等重点措置の解除などを受けて有効求人数が2.3%増え、倍率を押し上げた。

近畿の主要産業の新規求人をみると、すべての産業がプラスだった。増加幅が最も大きかったのは宿泊・飲食サービス業で前年同月比26.4%増。製造業も19.3%増えた。

総務省が同日発表した近畿の5月の完全失業率(原数値)は2.9%で前年同月比0.4ポイント改善した。完全失業者数は4万人減の32万人だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン