/

この記事は会員限定です

ペットの再生医療薬、大日本住友製薬が発売 国内初

[有料会員限定]

大日本住友製薬は9月にも、国内初となる動物用の再生医療薬を発売する。犬の椎間板ヘルニアの治療薬で、専門の技術を持たない獣医師や細胞培養の設備がない動物病院でも治療が可能になる。ペットの高齢化が進むなか、健康寿命を延ばすニーズの高まりに応える。

治療薬「ステムキュア」は注射で投与し、損傷した神経細胞の回復を促す。犬の脂肪由来で、様々な細胞に分化する「間葉系幹細胞」を活用する。子会社のDSファーマアニマルヘルスが農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り368文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン