/

この記事は会員限定です

関西電力前会長ら「起訴相当」 検察審、報酬補塡を非難

(更新) [有料会員限定]

関西電力の金品受領問題に絡み、大阪第2検察審査会が1日までに、旧経営陣に対する役員報酬の補塡などについて会社法違反(特別背任)の疑いが強いと判断、八木誠前会長ら3人を「起訴相当」と議決した。金品の受領も「不起訴不当」とし、刑事責任の追及を見送った大阪地検の処分を「市民感覚」に基づき厳しく批判した。今後始まる地検の再捜査では、いったん不起訴とした判断を覆すかどうかが焦点になる。

検察審が「起訴すべ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1901文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン