/

モノタロウ、建設作業アプリの新興と資本業務提携

モノタロウは1日、建設作業管理アプリを手がけるアルダグラム(東京・中央)と資本業務提携したと発表した。出資額は15億円。モノタロウはアルダグラムのアプリ「KANNA」の利用者向けに資材を展開して販路を広げ、自社の顧客にKANNAの活用による生産性向上を提案する。両社が持つ技術・情報面での連携も検討する。

アルダグラムが実施する第三者割当増資をモノタロウとベンチャーキャピタル(VC)のジャフコグループなどが引き受けた。KANNAは現場の進捗状況や顧客・物件情報の管理ができる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン