/

この記事は会員限定です

湖北工業の石井社長「光部品・リード端子、需要増続く」

[有料会員限定]

電子部品製造の湖北工業が21日、東証2部に上場する。石井太社長に事業の概要や今後の戦略を聞いた。

――事業内容を教えてください。

「祖業であるリード端子と光部品・デバイスの2本柱があり、売上高比率は半々だ。リード端子は情報通信機器や自動車に使うアルミ電解コンデンサーの主要部品。高速大容量通信化や自動運転化で需要は拡大する。光部品は光海底ケーブルに欠かせない部品、光アイソレーターが主力で、ケーブル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り632文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

もうすぐ上場します

新規株式公開(IPO)を目前に控えた企業の経営トップが、事業内容や上場後の成長戦略を語ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン