/

この記事は会員限定です

ワクチン供給減、接種見直し自治体困惑 予約停止相次ぐ

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルスのワクチン接種の予約を停止する動きが関西の自治体で相次いでいる。国の米ファイザー製ワクチンの供給量が減っているためで、必要量の5割にも満たないケースもある。供給減が長引けば、今後本格化する64歳以下の接種計画の見直しを迫られる可能性もあり、自治体から困惑の声が上がっている。

大阪市の松井一郎市長は1日の記者会見で、国によるファイザー製ワクチンの供給量が不足しているとして、個別、集...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1034文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン