/

この記事は会員限定です

医療的ケア児、整わぬ学校側の支援 9月法施行も道半ば

(更新) [有料会員限定]

人工呼吸器やたんの吸引などの医療的なケアが必要な子どもと家族を支援する法律が9月に施行された。国と自治体には支援施策を行う責務があるとし、子どもが通う学校への看護師配置などを求めた。だが学校看護師は慢性的に不足しており、入学を断られたり、付き添いを求められた保護者が仕事との両立を諦めたりする例が後を絶たない。現場の取り組みを探った。

「地元の小学校に通えないか」。大阪府内に住む亀沢美津子さんは次男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1627文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン