/

患者3人殺害認める、元看護師 点滴連続中毒死で初公判

(更新)

横浜市の旧大口病院(現横浜はじめ病院・休診中)で2016年、入院患者の男女3人の点滴に消毒液を混入し殺害したとして、殺人罪などに問われた元看護師、久保木愛弓被告(34)は1日、横浜地裁の裁判員裁判初公判で「全て間違いありません」と起訴内容を認めた。

被告の弁護人は「被告は犯行当時、統合失調症で、心神耗弱の状態にあった」と述べた。検察側は冒頭陳述で「被告は患者が亡くなった際に家族の対応をしなくてすむよう、自分の勤務外に殺害を決意した」と述べ、精神鑑定の結果などから完全責任能力が認められると主張した。公判では、刑事責任能力の程度が焦点となる。

起訴状によると、16年9月15~19日ごろ、いずれも入院患者の興津朝江さん(当時78)、西川惣蔵さん(同88)、八巻信雄さん(同88)の点滴に消毒液「ヂアミトール」を混入し、同16~20日に殺害。殺害目的で同18~19日ごろ、点滴袋5個に消毒液を入れたとされる。

神奈川県警は18年7~8月、3人に対する殺人容疑で被告を3回逮捕。同11月に殺害目的で点滴に消毒液を混入したとして、殺人予備容疑で追送検した。3カ月間の鑑定留置を実施した上で、同12月に起訴した。

被告は、横浜市内の看護学校を卒業し08年に看護師として市内の総合病院に就職。次第に不眠に悩まされるようになった。

捜査関係者によると、逮捕後の取り調べに「働き始めたころから、容体が急変した患者の対応が苦手だった」と供述。うつ病と診断され15年4月ごろ依願退職した。すぐに旧大口病院へ再就職した。事件発覚後に退職し、別の病院で働いたが間もなく辞めた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン