/

この記事は会員限定です

五輪選手の地元、「密」避け応援 活躍を後押し

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、北京冬季五輪の出場選手の地元自治体が「密」を避けた応援方法に乗り出している。テレビ会議システムを活用した観戦や、声を出さないことなどを条件とするパブリックビューイング(PV)を開催。昨夏の東京五輪と同様にPVを断念するケースが多いが、応援を工夫し選手の活躍を後押しする。

「がんばれー!!」。3日夜、テレビ会議システム「Zoom(ズーム)」上に長野県白馬村の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

北京五輪

2022年北京冬季オリンピック・パラリンピックの最新ニュースやビジュアルコンテンツ、日程、競技結果をこちらの日本経済新聞電子版(日経電子版)特集ページでお読みいただけます。(Google Chrome、Microsoft Edge、Safariの最新版でご利用ください)

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン