/

この記事は会員限定です

サイバー戦で中国暗躍 ウクライナに初の攻撃観測

難民情報狙い西側にも

[有料会員限定]

中国の関与が疑われるハッカーの攻撃が活発になっている。ロシアによるウクライナ侵攻後、同国への攻撃が初めて見つかったほか、難民の関連情報などを狙って西側諸国への攻撃も相次ぐ。専門家は「ロシアの侵攻を支援する意図があるかはまだ不明」としている。

ウクライナ政府は3月22日、同国警察機関などへのサイバー攻撃について警告を発した。ロシア軍による民間被害の記録を各機関に呼び掛ける文書ファイルの中にマルウエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン