/

この記事は会員限定です

東京工業大学、12月にも大学債300億円 研究環境整備

[有料会員限定]

東京工業大の益一哉学長は31日、日本経済新聞の取材に応じ、12月をめどに大学債を発行する方針を明らかにした。発行額は300億円で期間は40年。調達した資金は研究インフラの整備やキャンパスの再開発などに充てる。

国立大学法人としての大学債の発行は2020、21年の東京大(計300億円)、22年の大阪大(300億円)、筑波大(200億円)に次いで4例目となる見込み。益学長は「大学の成長のために経営基...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2006文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません