/

この記事は会員限定です

安倍氏の責任追及に高いハードル 「桜」巡り検察再捜査

[有料会員限定]

安倍晋三前首相側が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、検察審査会が30日に公表した「不起訴不当」の議決を受け、東京地検特捜部が再捜査を始める。刑事責任追及のハードルはなお高く、改めて不起訴とすれば捜査は終結する。野党側は次期衆院選もにらんで追及姿勢を強める。

検察審査会は検察が出した不起訴処分の妥当性を市民が判断する仕組みだ。15日付の議決書では①安倍氏側が負担した支出が有権者への違法な寄付に当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン