/

特商法違反で業務停止命令 神戸の2社、訪問販売

住宅の外壁塗装工事の訪問販売で、しつこく勧誘し、うそを伝えたのは特定商取引法違反に当たるとして、消費者庁は30日、神戸市のリフォーム会社「新生ホームサービス」と「新生ビジネスパートナーズ」に一部業務停止命令を出したと公表した。両社の幹部を務める男性も一部業務禁止とし、再発防止徹底を指示した。いずれも9カ月。

消費者庁によると、両社は連携し、午後9時ごろに消費者宅を訪問し、断られても誘い続けたり、あいさつと称して勧誘目的だと明示しなかったりした。「今回は特別な値引き」などとうそを伝えたこともあった。

2018年4月~22年5月に各地の消費生活センターに寄せられた2社を巡る相談は381件。契約金額が500万円以上のケースもあった。

また、新生ビジネスパートナーズの従業員が代表を務める「日本eリモデル」「みらい住宅開発紀行」「ウィズライフ」の3社が同様の悪質な勧誘をくり返す可能性が高いとして、消費者庁は消費者安全法に基づいて社名を公表し、注意喚起した。

新生ホームサービスはホームページで「指摘などを真摯に受け止め、再発防止に全力で取り組む」とのコメントを発表。新生ビジネスパートナーズも取材に対し、同一の見解だと説明した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン