/

米軍機が燃料タンク投棄 青森、住宅近くに金属製物体

(更新)

11月30日午後6時10分ごろ、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が青森空港(青森市)に緊急着陸、滑走路が閉鎖された。米軍や防衛省などによると、着陸前に燃料タンク2個を岩木山(弘前市など)周辺に投棄、山頂から約30キロ離れた同県深浦町役場の近くで金属製物体と燃料とみられる液体が見つかった。けが人の情報は入っていない。

県警や県はこの物体が投棄されたタンクの一つとみて確認を急いでいる。米軍は「岩木山近くの非居住地域に投棄した」と発表しているが、現場と民家は約20~30メートルしか離れていない。付近の住民からは不安の声が上がっている。

三村申吾知事は1日、県庁で記者団に「大変遺憾。米軍と防衛省に対して厳重に抗議したい」と語った。防衛省は在日米軍に対し遺憾の意を示し、事実関係の確認や原因究明を求めた。

青森空港では、緊急着陸の影響で1便が引き返し6便の運航を見送った。その後異常がないのが確認され、1日午前に運用を再開した。

米軍や防衛省などによると、飛行中だったF16戦闘機は11月30日午後6時ごろ、緊急事態となり青森空港に着陸する前、燃料タンクを投棄。防衛省東北防衛局は「着陸の前に安全を図るため投棄したとの情報が入っている」と説明している。

深浦町の現場は町役場近くの道路周辺。規制線が張られ油臭が漂う中、一時警察官が車を誘導した。付近に住む80代女性は「『ドーン』という音が聞こえ雷かと思った。米軍機が落としたと聞いてびっくりした。誰かに当たっていたらと思うと怖い」と声を震わせた。

青森県内では2015年にF16戦闘機が燃料タンクを日本海に、18年に湖にそれぞれ投棄している。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン