/

皇居・新御所の改修工事終了

宮内庁は30日、天皇ご一家の新たな住まいとなる皇居・旧吹上仙洞御所の改修工事が完了したと明らかにした。東京五輪・パラリンピック閉幕後の9月中旬にも、新たな御所として、ご一家が赤坂御所(東京・港)から移り住まれる。

改修工事は2020年3月、上皇ご夫妻が皇居から東京・高輪の仙洞仮御所に移られた後に始まった。20年度中に完了する予定だったが、新型コロナウイルス禍の影響などで工期が延びていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン