/

この記事は会員限定です

誹謗中傷動画、進まぬ削除 法務省とグーグルが対策

(更新) [有料会員限定]

誹謗(ひぼう)中傷の投稿削除などを巡り、法務省がグーグルと提携した。日本の政府機関として初めて「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT(情報技術)企業と具体的な対策で手を結んだ背景には、不適切な投稿の削除が進まない現状がある。他の事業者も同様に対処に取り組むが、官民を挙げての対策が不可欠だ。

法務省人権擁護局は4月30日、誹謗中傷やプライバシー侵害などの問題がある投稿動画の情報について、グーグルが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1175文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン