/

この記事は会員限定です

保育所の休園対策急務、2カ月で11倍 働く親の支援途上

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

新型コロナウイルス「第5波」で保育所の休園が相次いでいる。インド型(デルタ型)の感染拡大で園児や保育士の感染例が相次ぎ、8月末時点で7月の11倍にあたる全国179カ所が休園に追い込まれた。子どもの預け先を失った親が仕事を休まざるを得ないケースも少なくない。特例の有給休暇制度の導入といった対策を取る企業は一部にとどまっており、国や企業による働く親支援の強化が不可欠だ。

厚生労働省によると、8月26日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン