/

選挙違反で逮捕3人、警告1376件 衆院選で警察庁まとめ

(更新)

警察庁は30日、衆院選投票日2日前となる29日時点の衆院選挙違反取り締まり状況を発表した。候補者のポスター破りや落書きをしたとして、愛知、奈良、香川の3県警が公選法違反(自由妨害)の疑いで3人を逮捕したほか、全国の警察が計1376件の警告を出した。

警告の内訳は、指定された掲示板以外にポスターを張るといった「文書掲示」が最多の1061件。無届けビラを配るなどの「文書頒布」が262件で続いた。インターネットを利用した違反に対する警告は10件あり、メールで投票を呼び掛けるなどしていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン