/

大火砕流30年で避難訓練 長崎、住民ら3000人参加

43人が犠牲になった1991年6月3日の雲仙・普賢岳(長崎県)大火砕流発生から30年となるのを前に、麓の同県島原市と南島原市で30日、住民ら約3千人が参加する合同避難訓練が行われた。

震度6強の地震が発生し、溶岩ドームが大規模崩落する危険性が高まったとの想定。島原市安中地区では防災無線を聞いた住民が町内会ごとに安否確認をし、足早に避難所に向かった。

状況を取りまとめた安中地区自主防災会の横田哲夫会長は「この地で二度と被害者を出さないという思いを後世につなぎたい」と話した。

町内会でつくる協議会の阿南達也会長は、住民の高齢化に触れ「このような取り組みを続けて地域の絆を強め、要介護者らも確実に避難できる町内会にしていかなければならない」と今後の活動目標を掲げた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン