/

この記事は会員限定です

五輪組織委元理事、2億3000万円受領か コンサル料と別

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の高橋治之元理事(78)が大会スポンサーだった紳士服大手、AOKIホールディングス(HD)から資金提供を受けたとされる事件で、高橋元理事側がAOKIHD側から約2億3000万円を受領した疑いがあることが30日、関係者の話で分かった。すでに判明している約4500万円のコンサルタント料とは別という。

東京地検特捜部もこの資金の流れを把握。授受の経緯や趣旨などを慎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り700文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン