/

エリザベートコンクール ピアノ、日本人2人が3位・4位

(更新)

【ブリュッセル=共同】世界的演奏家への登竜門、エリザベート王妃国際音楽コンクール(ピアノ部門)の決勝がブリュッセルで29日まで行われ、パリ在住で愛知県東海市出身の務川慧悟さん(28)が3位、ドイツ・ハノーバー在住で名古屋市出身の阪田知樹さん(27)が4位となった。

2人は東京芸術大で同期。務川さんはフランスのパリ国立高等音楽院に、阪田さんはハノーバー音楽演劇大大学院にそれぞれ留学中。日本と欧州を拠点に第一線で活躍している。優勝はフランスのジョナタン・フルネルさん。

務川さんは授賞式後「3位は光栄。ここから国際的キャリアが開けると思っている。心から満足している」と記者団に語った。阪田さんは「音楽界で最も大切なコンクールで入賞させていただけて誇りに思う」と話した。

審査員の一人、ピアニストの児玉桃さんは、務川さんは繊細さと大胆さを併せ持ち、阪田さんは「建築的」で存在感があると評価。ともに「世界の舞台に立つ方々だと確信を持っている」と述べた。

ピアノ部門は昨年開催の予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大で1年延期された。演奏は無観客で行われ、準決勝を12人、決勝を6人と通常の半分にするなど、規模を縮小して開かれた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン