/

非純正電池パック、発火の恐れ ダイソン掃除機

経済産業省は29日、英家電大手ダイソンのコードレス掃除機で使用できる特定の非純正の電池パックに関し、充電や使用していない保管状態でも発火の恐れがあると発表した。直ちに使用を中止し、鍋や空き缶など金属製の容器に入れて保管するよう呼び掛けた。

対象の電池パックには輸入業者名の「Orange Line DC60」か「ROWA・JAPAN DC62」の記載がある。今年4月以降、電池パックが原因とみられる火災が多発しているという。

中国製で日本国内に約1万5千個が流通しており、既にリコール対象になっている。廃棄方法は検討中といい、決定まで可燃物に近づけずに保管するよう促している。

問い合わせは経産省製品事故対策室、電話03(3501)1707。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン