/

相乗りタクシー11月解禁 アプリで配車、運賃割安に

国土交通省は29日、他人同士のタクシー相乗りを11月1日から全国で解禁すると発表した。配車アプリを通じ、同じ方向に行く人を調整。運賃は乗車距離で案分するため、単独で乗るより割安になる。業者側の準備が必要で、サービス開始は数カ月先になる見通しだ。

規制緩和の一環で、29日付で関連通達を公布した。運転手不足が深刻な地方もあり、住民の足を安定的に確保する狙いもある。アプリを使わず、運転手がタクシー乗り場で客を募って相乗りさせることはできない。

乗客はスマートフォンのアプリに日時や乗車位置、目的地を入力。同じ時間帯に同一方向へ行く人がいればマッチングされ、運賃や走行経路に同意すれば配車する。

客同士のトラブルを避けるため男女同乗の可否や車両タイプなどアプリ上で事前に同意を得る。

運賃は乗車距離に応じて分担。座席指定した客を割高にしたり、障害者を安くしたりすることは認める。相乗りサービス提供の費用などを転嫁するため、国の認可があれば運賃を通常より最大2割増しにできる。

国交省は新型コロナ感染拡大を防ぐため、解禁時期を検討してきた。当面は、乗客の間隔を確保するため乗車人数を減らしたり、運転手と乗客のマスク着用を徹底したりするよう業者に求める。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン