/

社会学者の宮台真司さん切られ重傷 都立大で、男逃走

(更新)

29日午後4時20分ごろ、東京都八王子市南大沢1の東京都立大南大沢キャンパスで「男性が切られた」と目撃者から110番があった。捜査関係者によると、都立大教授で社会学者の宮台真司さん(63)が首付近を刃物のようなもので数カ所切り付けられて重傷。病院に運ばれたが命に別条はないという。警視庁が殺人未遂容疑で逃げた男の行方を追っている。

宮台さんはキャンパス内の歩道で後ろから頭を殴られた上、切り付けられたという。男は20~30代とみられ、身長約180センチのがっちりとした体格。髪は短めで、黒っぽいジャンパーとズボン姿だったという。

南大沢キャンパスは京王相模原線南大沢駅の近くにある。

宮台さんは1990年代半ばに女子高校生らの援助交際などを調査した著書「制服少女たちの選択」、オウム真理教事件などを論じた「終わりなき日常を生きろ」で注目を集め、テレビやラジオでも積極的に発言。映画評論なども手がける。

都立大4年の男子学生(22)は「研究室にいたが、建物から出ないようにとのアナウンスが何度も流れ、怖いと思った。学内でこのような事件があり驚いている」と話した。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません