/

裁判官、原発敷地を初の視察 東電株主訴訟、非公開で

(更新)

福島第1原発事故を巡る東京電力の株主代表訴訟で、東京地裁の朝倉佳秀裁判長らは29日、第1原発の敷地内を視察した。株主側の代理人によると、原発事故の責任が争われた刑事、民事の裁判で裁判官が原発周辺を訪れた例はあるが、敷地内に入るのは初めて。視察は非公開で行われた。

朝倉裁判長と丹下将克裁判官は29日午前、第1原発に近い福島県大熊町のJR大野駅に到着。株主側代理人らとバスに乗り、原発へ向かった。

株主側によると、裁判長らは事故が起きた1~4号機を含む全6機を視察。ヘルメットや手袋、線量計を身に着け、東電社員の説明を受けながら、津波で浸水した主要設備などを見て回った。

視察後、取材に応じた株主側代理人の河合弘之弁護士は「史上最大の災害である原発事故の訴訟で、現場を見ずに判決を下すことはあり得ない。裁判長には、東電が津波を防ぐための簡単な水密化工事さえやっていなかったことを理解してもらえたと思う」と語った。

訴訟では、東電の勝俣恒久元会長ら旧経営陣が巨大津波の襲来を予見できたかどうかや、適切な安全対策が取られていたかが争点となっている。

株主側は、対策を怠ったため事故を防げず巨額の損失が発生したとして、旧経営陣に対し、総額約22兆円を東電に賠償するよう求めている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン