/

この記事は会員限定です

学校端末、文具として使いこなせ 豊福晋平氏

国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授(教育情報化)

[有料会員限定]

国の「GIGAスクール構想」で小中学生に1人1台のデジタル端末が行き渡った。端末が更新時期を迎え始める3年後には今年の学校の取り組みが総括されるだろう。日常的に使えていない学校は多く、8割ほどは失敗すると厳しくみている。残り2割の成功例を確実につくり、世界の潮流に追いつけるか。今が頑張りどころだ。

教員が端末の扱い方を細かくコントロールするのが日本の学校での典型的な活用法。機器は教員主導で使わせ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り982文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン