/

竹中さん開会式前日に辞退 1985年の出演作に批判

(更新)
竹中直人さん=共同

23日に行われた東京五輪開会式への出演が決まっていた俳優、竹中直人さんが、前日に辞退していたことを29日、所属事務所が明らかにした。過去に視覚障害者をやゆした出演作が批判された問題を踏まえ「(自分が出ると関係者に)迷惑を掛ける」と大会組織委員会に申し出たという。

事務所によると、1985年発売のビデオ作品「竹中直人の放送禁止テレビ」の中に、竹中さんらが白杖(はくじょう)を振り回しながら横断歩道を渡る場面があった。当時、障害者団体から批判され自主回収。竹中さんが複数回、直接謝罪していたという。

竹中さんは開会式のパフォーマンスで、俳優の真矢ミキさんらと大工の棟梁(とうりょう)を演じる予定だった。しかし五輪・パラリンピック開会式の楽曲制作担当だった小山田圭吾氏や、五輪開閉会式の演出統括担当の小林賢太郎氏が過去の不祥事で相次ぎ辞任、解任された事態を考慮。事務所を通じて「関係者や選手の皆さんにご迷惑を掛ける」と辞退を申し入れ、受理された。

東京五輪・パラリンピック組織委員会の高谷正哲スポークスパーソンは29日の記者会見で「過去に演出に関わった作品で不適切な表現があったことを熟慮されて辞退された。組織委は受け入れ、出演されないことになった」と述べた。

出演者の交代による具体的な変更点は説明できないとした上で「今の状況では避けられない判断だったのではないかと考えている」と語った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン