/

池袋暴走事故、禁錮5年の実刑判決 元院長に東京地裁

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

東京・池袋で2019年4月、乗用車が暴走して母子が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三被告(90)の判決公判が2日、東京地裁であった。下津健司裁判長は禁錮5年(求刑禁錮7年)の実刑判決を言い渡した。

最大の争点は事故の発生原因だった。弁護側は操作ミスの可能性を否定し、「電気系統の経年劣化などで制御システムが正常に動かず、車が暴走した」として無罪を求めていた。

判決理由で下津裁判長は、「ブレーキをかけず、アクセルを最大限に踏み込んでいた」とする車の記録データや、周辺の防犯カメラの分析結果に基づき「ブレーキと間違えてアクセルを踏み込んで事故を起こした」と認定した。

事故の1カ月前にあった点検や、発生から5日後に実施された機能検査でもアクセルやブレーキに問題は見当たらなかったと指摘。車の仕組みや構造から制御システムのトラブルも考えづらいとし、「車に異常が生じて暴走した具体的・現実的な可能性は認められない」と結論づけた。

公判で終始、自らの過失を否定し続けた態度から「深い反省の念を持っているとはいえない」と言及する一方、同種事案の量刑傾向などを踏まえて、禁錮5年が相当だと判断した。

被告は黒のスーツに同じ色合いのネクタイ姿。車椅子に乗り、下を向いたまま主文を聞き終えると、小さくうなずいた。判決の言い渡し後、下津裁判長が「判決に納得するなら、自らの過失を認め、遺族に真摯に謝っていただきたい」と語りかけた際は、じっと聞き入っていた。

判決によると、被告は19年4月19日昼すぎ、東京都豊島区東池袋の横断歩道を自転車で渡っていた松永真菜さん(当時31)と長女の莉子ちゃん(同3)を乗用車ではねて死亡させ、助手席の妻を含む当時2~90歳の男女9人に重軽傷を負わせた。

判決への関心は高く、22席分の傍聴券を求めて563人が列をつくった。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン