/

この記事は会員限定です

五輪への懸念「拝察」 宮内庁長官発言を考える

(更新) [有料会員限定]

東京オリンピック・パラリンピックの開催が新型コロナの感染拡大につながらないか、天皇陛下が懸念、心配されていると「拝察」した西村泰彦宮内庁長官の発言が波紋を呼んでいる。

天皇が思いを国民に伝える際に気をつけなければならないのは、憲法が禁じている政治的影響である。「拝察(天皇の心を推量している)」という言葉を使うのは、政治的行為として問題化したとき、責任を発言者にとどめ、天皇との関係を遮断して沈静化す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1779文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン