/

接待で水産庁職員2人処分 1人14万円飲食、時短超え

水産庁は28日、利害関係者から飲食接待を受け、国家公務員倫理規程に違反したとして、水産庁の出先機関である漁業調整事務所の50代の男性管理職を減給10分の1(2カ月)の懲戒処分にしたと発表した。また水産庁の30代の係長級男性職員を訓告の処分にした。1人当たり約14万6千円の接待を受けた上、新型コロナウイルス感染拡大に伴う飲食店への時短要請の営業時間を超えて飲食していた。

水産庁によると、2人は3月10日、利害関係のある漁業関係者と会食。はしごした店の飲食費や、用意されたタクシーの運賃を支払わなかった。外部からの情報提供で発覚した。

漁業調整事務所は漁業の許可や取り締まりを担う。水産庁漁政課の担当者は「公務員の信用を著しく傷つけ、不名誉な行為だ。国民や漁業関係者に疑念を抱かせる行為は断じて許されず、大変申し訳ない」と話している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン