/

この記事は会員限定です

無農薬の田んぼ イネと草、対話で栽培 

海と水辺の散歩

[有料会員限定]

田植えの頃は太陽の光が直接水面に当たるので水温が上がりやすく、田んぼの生きものも爆発的に増える時期だ。日差しが日ごとに強くなり温度が上がるにつれて、イネの苗作りが進められ、同時に雑草たちの種子も芽吹く。

よーいドンで始まった植物の生長は日光の奪い合い競争でもある。田植え作業は苗床で大きく育てたイネが、芽吹いたばかりの草との競争を有利に闘えるよう、ハンディを付けることでもある。

農薬を使わずに米作り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン