/

静岡の大規模断水、10月5日までに給水再開へ 台風15号

(更新)

台風15号による記録的大雨の影響で静岡市清水区の約6万3千世帯が断水している問題で、静岡市は28日、ほぼ全世帯で10月5日までに給水が再開できる見通しになったと明らかにした。約3万世帯では28日から飲用も含め水道が利用できる。道路寸断による孤立世帯の解消も進んだ。

静岡市によると、水道施設の取水口に詰まった土砂や流木を撤去する作業が陸上自衛隊の協力を得て終了。10月2日には市内の大部分で断水が解消する予定。水道橋の崩落が原因で断水していた地域も同5日には給水できる見通しという。

土砂崩れによる道路の寸断などで孤立していた600世帯に関し、復旧作業が進み、一部を除いてほぼ解消した。橋の崩落などにより静岡市の16世帯がなお孤立状態となっている。

静岡県では、静岡市の山崩れで送電鉄塔が倒れるなどして、24日に最大10市町の計約12万戸が停電。別のルートでの迂回送電により大部分は解消したが、中部電力によると、28日午後6時時点で島田市などの計約90戸で停電が続いている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン