/

この記事は会員限定です

無観客五輪1週間、「音の風景」に異変

[有料会員限定]

東京五輪の開幕から30日で1週間。無観客開催となった競技会場では、「効果音」や選手の息づかいなど、過去の五輪で聞けなかった「音」に注目が集まっている。一方、会場で大会関係者があげる大声援は飛沫拡散の恐れがあるとして、大会組織委員会は対応に苦慮している。

「ざわざわ」「ワーワー」。28日、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)で開かれたバスケットボール男子の米国・イラン戦。時折、人の声のような音が流...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン