/

「トラック多い道」千葉の事故現場騒然 過去にも事故

(更新)

大型トラックが電柱にぶつかりながら下校中の小学生5人を巻き込み、畑に突っ込んだ。千葉県八街市で起きた交通事故。近隣では過去にも子どもが被害にあう事故が起きており、現場周辺は騒然とした。

事故が発生した28日午後3時半ごろから、現場周辺では駆けつけた救急車のサイレンや、負傷者を運ぶドクターヘリの音が鳴り響いた。

現場付近は車道と歩道の区分がなく、八街市教育委員会によると、通学路として児童らがよく使っていたという。

児童が被害にあった市立朝陽小では2016年にも、集団登校していた児童の列にトラックが突っ込む事故が発生し、4人が重軽傷を負った。市内の通学路の一部は狭く、市教育委員会は見守りボランティアなどと連携して注意を呼びかけていた。

事故発生時に付近の自宅にいたという70代の男性は「パトカーのサイレンの音に気づいて外に出てみると、何人かの子どもが倒れて動かない状態だった。近くには泣き叫ぶ大人がいて、一緒に救急車に乗っていった」という。

サイレンの音を聞いて現場に駆け付けた近くに住む会社員男性も「子どもの保護者とみられる人が泣いていた」と動揺した様子。近所の女性は「自宅にいたら、『ドスン』という大きな音が聞こえた。その後、救急車のサイレンが近づいてきて、女性が『早く』と泣き叫んでいた」と話した。

近くの会社に勤める50代男性は報道で事故を知った。「農家の軽トラックや物流トラックがよく通っていた」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン