/

小学生の列にトラック、2人死亡 運転手からアルコール

千葉・八街

(更新)
下校中の小学生の列にトラックが突っ込んだ事故現場(28日午後5時30分、千葉県八街市)=共同

28日午後3時半ごろ、千葉県八街市八街の市道で、歩いて下校中の市立朝陽小の児童の列に前から来たトラックが突っ込んだ。県警によると、児童5人が巻き込まれ、うち男児2人が死亡、1人が意識不明の重体、2人が重傷を負った。県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、同市のトラック運転手、梅沢洋容疑者(60)を現行犯逮捕した。

鉄筋加工会社「南武」(東京)によると、梅沢容疑者は現場近くにある子会社の運送会社に勤務。県警によると、呼気から基準値を超えるアルコールを検出した。酒気帯び状態だったとみて、危険運転致死傷容疑の適用も視野に調べを進める。

現場は幅約6.9メートルの見通しの良い直線。歩道やセンターラインはなかった。「左に急ハンドルを切ったら電柱にぶつかり、そのまま子どもたちの列に突っ込んでしまった」と容疑を認めているという。

小学生の列に突っ込んだトラックを調べる千葉県警の捜査員ら(28日午後、千葉県八街市)

南武の知念辰浩社長は報道陣の取材に「子会社の従業員があるまじき飲酒運転で交通事故を起こし、誠に申し訳ありませんでした」と謝罪。「アルコール検査は普段から行わず、28日もしなかった。飲酒がないとの前提だった」と説明した。

梅沢容疑者は2005年4月の採用で、28日は午前6時ごろから乗務。千葉県内に資材を運んだ後、一度会社へ戻り、その後都内の別の建設現場に資材を運び、再び戻る途中だった。事故直後、会社に電話してきたという。

消防によると、5人のうち4人は6~10歳の男児と女児。残る1人は年齢などが不明という。

朝陽小によると、現場は学校から一本道で西に約1.5キロ。下校直後にサイレンの音が聞こえ、駆け付けた職員が持ち物などを確認して同校児童と判明した。普段は帰り道の方向が同じ6~7人の集団で下校していた。

事故があったのは、JR総武線榎戸駅の北東約1.3キロ。田畑や民家が周囲に点在している。

八街市では16年11月にも、別の場所で朝陽小の児童の列にトラックが突っ込み、4人が重軽傷を負う事故があった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン