/

この記事は会員限定です

大広側、元理事に2件依頼か 五輪事業参画と契約後押し

[有料会員限定]

東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)が贈賄側の広告会社の大広側から、代理店として五輪事業に参画することと、取引先のスポンサー契約締結の2つの依頼を受け、便宜を図った疑いが出ている。東京地検特捜部は元理事が電通OBとしての影響力を背景にスポンサー選定業務に絡む「謝礼」を大広から得たとみて、依頼と資金授受の関係などの全容解明を進めている。

大広側の依...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン