/

カムチャツカで大規模噴火、日本への津波なし 気象庁

(更新)

28日午後5時10分ごろ、ロシア・カムチャツカ半島の内陸部にあるベズイミャンヌイ火山で大規模な噴火が発生した。噴火に伴う日本への津波はなかった。

気象庁によると、東京航空路火山灰情報センターが、約5万フィート(約1万5千メートル)の噴煙が上がっているのを確認した。今月24日から連続的に噴火が起きていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン