/

この記事は会員限定です

五輪偽グッズ摘発強化 警視庁「鑑定捜査員」も配置

[有料会員限定]

東京五輪の開幕まで50日を切るなか、警視庁がエンブレムなどの商標を使った偽グッズの摘発に力を入れている。現在はフリマアプリなどインターネット上が主だが、9日から会場周辺の露店を取り締まる「予備鑑定捜査員」も投入。専門家は「販売が違法と知らない人も多く、周知を図るべきだ」と話す。

「小遣い稼ぎに売った。(エンブレムなどが)商標登録されているとは知らなかった」。聖火をギリシャから日本に運んだ特別輸送機...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン