/

選手村事故、選手欠場を謝罪 組織委「原因究明する」

東京パラリンピックの選手村(東京・中央)で自動運転バスと視覚障害がある柔道の日本代表選手が接触した事故で、大会組織委員会は28日、記者会見し「原因を究明し、(事故に遭った)選手のケアにも取り組みたい」として謝罪した。選手は同日の試合を欠場した。

警視庁によると、26日午後2時ごろ、柔道男子81キロ級の北薗新光選手が村内を歩行中、トヨタ自動車が開発した「イーパレット」と接触した。組織委によると、運行はトヨタと組織委で担っており、事故を受け停止している。

北薗選手は28日の試合に出場予定だったが、27日に欠場が決定した。会見で、日本パラリンピック委員会の高橋秀文副委員長は「食欲不振などの体調不良を訴えた。脳振盪(しんとう)の可能性を考慮し、少なくとも1週間程度かけて徐々に競技への復帰を勧めるとの判断がチームドクターからあった」と説明した。

北薗選手は磁気共鳴画像装置(MRI)検査を受けたが脳に異常は見られず、明らかな外傷もないという。高橋氏は「(事故時に)転倒したことは間違いないと思うが、(状況は)よく分かっていない」と話した。

組織委で運営を統括する中村英正氏は事故の公表が遅れたことについても謝罪した。

Tokyo Olympics and Paralympics 特設サイトへ

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン