/

この記事は会員限定です

世界遺産検定、シニアに人気 コロナ下に自宅で旅行気分

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍が長引くなか、世界遺産がテーマの民間検定がシニア世代の人気を集めている。外出自粛が続くが、自宅での時間を勉強に充てて有効活用でき、手軽に旅行気分も味わえる点が好評という。多様な文化や歴史の背景を学びながら、現地を訪れる日を心待ちにしている。

「世界が広がり、新鮮だった」。世界遺産検定の「マイスター」に1月、歴代最年長で合格した東京都千代田区の稲垣滋子さん(85)は目を輝かせる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン